ネルコネコ

潮風と光に包まれた海辺の街、湘南鵠沼から 
     -食の情報配信ー



 

 

日本の卵は、自給できていないことをご存じですか?

 

卵を産む鶏のことをコマーシャル鶏、そのコマーシャル鶏の親を種鶏(しゅけい)と

呼ぶのですが、流れとしては、まず外国種の種鶏をひなの状態で輸入し、

そのひなを日本で育て、交配させ、コマーシャル鶏を作出します。

そのコマーシャル鶏が生んだ卵を、私たちは食べているというわけです。

このような外国種の卵が、日本市場の96%を占めます。

 

種鶏は世界でほぼ2社の独占状態にあり、育種方法、餌などは企業秘密で公開されていません。

また、同じ品種のオスとメスがセットで販売されることはなく、オスとメスそれぞれが違う品種で

あるため、日本で種を保存することが出来ない仕組みになっています。

 

日本は、海外で数年前に発生した鳥インフルエンザの際に交わした契約上、

現在1社からしか輸入できないと聞いております。

鳥インフルエンザの発生や、国同士の事情で輸入が止まれば、

卵も鶏肉も、それらを使ったあらゆる加工品の生産が止まることになります。

まさに綱渡り状態です。

 

民間で、国産鶏を育種開発している企業は、岐阜県の後藤孵卵場しかありません。

育種改良には莫大な費用がかかるそうです。

1960年代以降、業界が輸入になだれていくなか、孤高にふんばり、国産のわずかなシェアを

守り続けてくださっています。